転職フェアで有利な中途採用支援

中途採用支援「転職フェア」

現在、売り手市場と呼ばれ、企業は採用難の時代に突入しています。求人媒体を使って広告掲載をしてもなかなかいい人材と出会えなかったり、人材紹介サービスを利用しても、ターゲット通りの人を消化ししてもらえなかったり、企業によっても課題が様々出てくるのが現状です。
そんな中で、企業と求職者を同じ会場に集めて直に面談できるイベント型の転職中途採用支援が近年活用されています。「転職フェア」と呼ばれており、各大手人材会社が運営しており、一日何千人も来場することが多く、企業にとって直接会えるので効率よく採用活動に充てることができます。一日拘束されてはくるが、求人広告の課題である書類選考を省いて転職フェアの会場で一次選考のような形を取れるので次回に役員面接にしたり、社長に直接きてもらいその場で内定を出す企業も少なくありません。
企業が直接人に会えるという機会を提供している転職フェアは大手企業よりも中小企業や官公庁なども出展している事もあるので、求職者側にとっても選ぶ選択肢が増えて有意義な時間を過ごせるのではないかと思います。「転職フェア」は企業が中途採用支援活動をする手段として、効率よく、いい人材に出会える可能性の高い、有力な方法と認知されてきています。

中途採用支援「求人媒体の選定」

現在の日本は少子高齢化や人材の流動化の影響を受けて「売り手市場」と呼ばれる時代になっています。売り手市場とは求職者の数よりも募集する企業数が多い時代のことを指します。その売り手市場と呼ばれる時代においては、企業は様々な中途採用支援手法を選択していく必要が出て行きます。
今回はその中でも一番メジャーとも呼ばれる、「求人媒体」について紹介をしていきます。求人媒体とは、大表的なものに求人広告といって公にして企業が採用活動をしていくことを指します。求人広告にはインターネットで閲覧できて、企業が採用する職種の情報、企業の情報や企業のPRなどを掲載して求職者に応募をしてもらい面接、採用に繋げるやり方です。
母集団形成がしやすい手法です。母集団とはそのサイトまたはプラットフォームの中にたくさんの人を集めることを言います。求人広告は多くの人に閲覧してもらい応募した方それぞれに対応していくやり方なので、一方で応募が何千、何万ときてしまうと対応するのに時間がかかってしまいます。ある程度どれくらいの応募が見込めるかと想定しておくことが必要です。媒体によっても特徴が分かれてくるので担当の営業とよく相談して選定すると良いでしょう。

NEW ARTICLE

2017年08月22日
お互いにメリットがあるビジネスモデルを更新しました。
2017年08月22日
費用を考えて保証のある中途採用支援をを更新しました。
2017年08月22日
転職フェアで有利な中途採用支援を更新しました。
2017年08月22日
上手に情報の活用をしようを更新しました。

LATEST RECENT

お互いにメリットがあるビジネスモデル

中途採用支援は応募者にもメリットがあるのか 近年注目されている新しいビジネスとして、中途採用支援の業者があります。すで…

もっと読む

費用を考えて保証のある中途採用支援を

中途採用支援は保証があるのか 月額一定の金額を支払うことで、中途採用を成功させるために全面的にサポートしてくれる業者が…

もっと読む

転職フェアで有利な中途採用支援

中途採用支援「転職フェア」 現在、売り手市場と呼ばれ、企業は採用難の時代に突入しています。求人媒体を使って広告掲載をし…

もっと読む

上手に情報の活用をしよう

イベントなどでも呼び掛けている中途採用支援 中途採用支援はイベントなどでも呼び掛け募集をしているところもよく目にするか…

もっと読む

Copyright(C)2017 情報の活用を上手く利用して可能性を広げる中途採用支援 All Rights Reserved.