お互いにメリットがあるビジネスモデル

中途採用支援は応募者にもメリットがあるのか

近年注目されている新しいビジネスとして、中途採用支援の業者があります。すでに複数の会社や企業がありますが、中途採用を成功させるために、会社や企業を全面的にサポートしてくれる業者です。必要な事務手続きはもちろん、募集のかけ方、応募してきた人の管理、そしてスカウトメールなど、一括して任せることができます。
これは利用する会社や企業にとっても大きなメリットがあります。何よりも面倒な事務作業から解放されるし、中途採用のノウハウを学ぶことができます。しかし応募者の立場から考えた時はどうでしょうか。実際に中途採用支援の業者を利用した会社に応募した人の立場に立って考えてみると、実は応募者にもメリットがあります。
というのは、中途採用支援を利用することで応募者からの質問メールや電話などにも、即対応することができるからです。自社だけでやろうとすると、どうしても社内の負担がかかり、応募者からの質問などは後手になりやすいです。しかし中途採用支援を利用することでそういったやり取りがスムーズになり、応募者としても印象がよくなります。中途採用支援を利用することで、会社や企業側だけでなく、応募者にもメリットがあると言えます。

中途採用を上手く利用すると人事費用を節約

有効求人倍率も1.48倍を超え新卒採用も中途採用も売り手市場に少しずつなりつつあるように感じる今日ですが、離職率や第二新卒等の社会の受け入れ態勢による課題は依然として抜本的に改善されていないように思われます。
とくに中途採用市場では、売り手市場になったとはいえ、大手企業であるならなおさら、新卒採用ほど人事の費用をかけることもできません。そんな中で離職者と中途採用者とのバランスと人事にかける費用や時間も考慮しながら、会社の成長のために未来の投資になる「人材」について考慮していかなくてはいけません。採用する側としての理想は、的確かつ適正な人事予算内で優秀で将来性のある中途採用者を確保していくことになります。
それについて転職支援サービスが現在脚光を浴びています。これはここ数年特に中途採用支援サービスが専門性を売りにしてきたり(IT分野特化等)、マージン体系についても、求職者からサービス料金を徴収するのでなく、内定が決まった時その会社から年収の20~30%といったマージンが入るという画期的なビジネスモデルだからといった理由もあります。
またそのマージンについても内定がでなければ会社側は支払う費用はかからないし、その転職支援サービス会社にはエージェントやコンシェルジュといった職種の方がそれぞれつきマッチングをしているので、ミスマッチも防ぎやすく、新卒採用にかかる費用よりも安く安心で優秀な人材を確保しやすいといったメリットがあります。

NEW ARTICLE

2017年08月22日
お互いにメリットがあるビジネスモデルを更新しました。
2017年08月22日
費用を考えて保証のある中途採用支援をを更新しました。
2017年08月22日
転職フェアで有利な中途採用支援を更新しました。
2017年08月22日
上手に情報の活用をしようを更新しました。

LATEST RECENT

お互いにメリットがあるビジネスモデル

中途採用支援は応募者にもメリットがあるのか 近年注目されている新しいビジネスとして、中途採用支援の業者があります。すで…

もっと読む

費用を考えて保証のある中途採用支援を

中途採用支援は保証があるのか 月額一定の金額を支払うことで、中途採用を成功させるために全面的にサポートしてくれる業者が…

もっと読む

転職フェアで有利な中途採用支援

中途採用支援「転職フェア」 現在、売り手市場と呼ばれ、企業は採用難の時代に突入しています。求人媒体を使って広告掲載をし…

もっと読む

上手に情報の活用をしよう

イベントなどでも呼び掛けている中途採用支援 中途採用支援はイベントなどでも呼び掛け募集をしているところもよく目にするか…

もっと読む

Copyright(C)2017 情報の活用を上手く利用して可能性を広げる中途採用支援 All Rights Reserved.