費用を考えて保証のある中途採用支援を

中途採用支援は保証があるのか

月額一定の金額を支払うことで、中途採用を成功させるために全面的にサポートしてくれる業者があります。それが中途採用支援の業者です。転職希望者や失業者の中には、実は優秀な人材もたくさん隠れています。そういった優秀な人材を確保するために、企業や会社も必死です。特に中途採用の場合は、新卒と違って会社の即戦力として働けるからです。
そのため、規模が小さい会社や伸び悩んでいる会社にとっては、中途採用支援は魅力がある業者です。中途採用支援の業者のサポートしては、スカウトメールをはじめ、必要な募集をあらゆる媒体を利用してかけたり、さらに募集者の管理も行ってくれます。
そういった事務作業的なことを一括してやってくれるので、会社や企業としては応募者とじっくり向き合うことができるし、密なコミュニケーションを図ることもできます。しかし中途採用支援の業者を利用したからといって、必ずしも人材を確保できる保証はありません。しかし最近の中途採用支援の業者の中には、中途採用が成功しなかった場合は費用がかからない、と宣伝しているところもあります。それだけ自信があるともいえますが、そういった保証がついている業者であれば安心して利用できます。

中途採用支援の費用

企業は中途採用支援をしていく際に、年間どれくらいの採用人数を計画して、それに当たってどれほどの費用を使っていくか、つまり予算を決定していきます。大企業ほどここは金額を多くかけていけるが、ただ費用をかければ撮とれる時代ではないので難しいものです。ここでは各求人サービスにおおよそかかる費用を紹介していきます。まずは、求人広告です。転職サイトと呼ばれるもので企業が募集情報を載せていく形式です。
大体10万円くらいから掲載できて、表示順位が上位に来ると100万円くらいかかるものもあります。期間は4週間単位で前述した金額がかかるイメージです。仮に100万円かけて5人採用できたとすると一人の採用単価が20万円といった計算になるので、割安なサービスだと考えられます。
次に転職フェアです。転職フェアは一日出展して50万円~100万円くらいです。このサービスもうまくいけば何人、何十人と採用につなげられる可能性があるので、採用単価を下げる可能性のあるサービスです。最後に人材紹介サービスです。これは成果報酬で採用したら費用が発生する仕組みです。おおよそ、理論年収の3割と言われています。なので、300万円が年収の方を採用したら100万円企業が斡旋会社に支払います。どう費用を使っていくのか、サービスにはメリット、デメリットの両方考えられるのでよく検討していく必要があります。

NEW ARTICLE

2017年08月22日
お互いにメリットがあるビジネスモデルを更新しました。
2017年08月22日
費用を考えて保証のある中途採用支援をを更新しました。
2017年08月22日
転職フェアで有利な中途採用支援を更新しました。
2017年08月22日
上手に情報の活用をしようを更新しました。

LATEST RECENT

お互いにメリットがあるビジネスモデル

中途採用支援は応募者にもメリットがあるのか 近年注目されている新しいビジネスとして、中途採用支援の業者があります。すで…

もっと読む

費用を考えて保証のある中途採用支援を

中途採用支援は保証があるのか 月額一定の金額を支払うことで、中途採用を成功させるために全面的にサポートしてくれる業者が…

もっと読む

転職フェアで有利な中途採用支援

中途採用支援「転職フェア」 現在、売り手市場と呼ばれ、企業は採用難の時代に突入しています。求人媒体を使って広告掲載をし…

もっと読む

上手に情報の活用をしよう

イベントなどでも呼び掛けている中途採用支援 中途採用支援はイベントなどでも呼び掛け募集をしているところもよく目にするか…

もっと読む

Copyright(C)2017 情報の活用を上手く利用して可能性を広げる中途採用支援 All Rights Reserved.